ブログ

【この想いが沢山の人に届きますように…】

img_4223-3.jpg

もし、僕が障害をもっていなかったら…

もっと、普通の生活を送れていたのかもしれない。

もし、僕が障害をもっていなかったら…
もっと、楽に暮らしていけたかもしれない。

何度も夢を見ました。何度も、何度も、願ってきました。「いつか、また自分の足で歩きたい…」


そして目が覚めると、いつもの通りの朝なのです。
毎朝の日課。痛みがある、辛いリハビリがはじまります。僕は筋ジストロフィーの為に車椅子生活。

娘は、「パパは病気だから、歩けないんだよ」って言います。娘にはずっと沢山のことを我慢させてきたのかもしれない。だから僕に「あまり、お願いをしたことがありません」


そんな娘に、僕は何をしてあげれるだろうか?今までずっと、そればかりを考えてきました。

僕の娘は、いつもお手伝いをしてくれます。洋服を着るのを手伝ってくれます。

靴下を履かせるのを手伝ってくれます。

みなさんは、こうしたところを見かけたら「小さいのにお手伝いして偉いね」ってきっと、娘を褒めてくれるでしょう。

でも、娘にとっては何ら特別な事でないのです。娘はきっと「え?当たり前でしょ」って言うでしょう。

娘が生まれた時から、僕には障害があり
娘は、こうした環境で育ってきました。

だから、人の痛みが人一倍分かる、とても優しい娘です。

僕には、普通のお父さんがやるように、娘を肩車してお祭りを見せてあげることができないかもしれない。

僕には、普通のお父さんがやるように、娘と駆けっこすることができないかもしれない。
でもね、僕には「僕にしか伝えることができないことがあるよ」って娘に沢山気付かされました。

だから、これからも多くの場所で伝え続けていきます。

僕は、障害の為に失ったこともあります。でも、それ以上に得たことが沢山あります。

『失ったものを数えるな』

僕は、今日まで障害があったからこそ出会えた人がいました。得られたチャンスがありました。

障害ってなんでしょうか?マイナスでしょうか?不幸でしょうか?


誰もが、健常で生きることはできない。
誰かが、障害を持って生きていかなければならない。

そして、誰もが歳をとったら、身体が不自由になるように、僕たちも、いつ病気や事故や怪我で、身体が不自由になるかもしれません。
もしかしたら、大切な人が病気になるかもしれません。
だから、少しでもいい。
一緒に考えてほしいんです。知ってほしいんです。

みんなと一緒に美味しいものを食べ、一緒に温泉に入り。一緒に笑って、一緒に感動して、一緒に泣いて

本当に、些細なことかもしれません。
でも、これが当たり前に出来ず、我慢したり諦めてしまっている方が、全国には沢山いるんです。
だから僕は、当たり前が、当たり前にできる社会に変えたい。


障害の有無に関わらず誰もが共生できる社会。

誰もがお互いに人格と個性を尊重し支え合い、多様な在り方を互いに認め合える全員参加型の社会。

僕たちが目指す社会は、こうした社会です。

10年後の山形では、こうした光景があちこちで、当たり前にみられる、社会に変えていきたい。
例えば、先天性の障害があることで、本当はみんなと一緒に遊びたくても、遊ぶことを諦めている子どもたちがいるんです。


お祭りでよく見かける、ふわふわエアー遊具。みんな小さい頃お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃんにおねだりして乗せてもらったよね?
でも、障害があるから、きっと無理…と諦めてしまう親御さんがいるんです。


僕は、この子どもたちに、いろんな経験をさせてあげたい。偉かったね、頑張ったね。これからは『我慢しなくてもいいんだよ』って伝えたい。

親御さんに、今まで支えてくれてありがとう。もう『諦めないでいいんだよ』って伝えたい。


大丈夫。きっと、できる方法がある。だから、簡単に諦めないでほしい。


勇気を出して、一緒に一歩前に進もうよ。

そしたら、きっと新しい世界が待ってる。
大丈夫。1人じゃ不安なら、僕のところにおいでよ。いつでも、待ってるから。

さぁ、みんなで一緒にワクワクしようじゃないか。


僕たちにできることであれば、一人ひとりの積み重ねでできることであれば、3400万人の高齢者も、788万人の障害者も。Facebookで繋がっている沢山のお友達も。
そこにあるのは、かけがえのない尊い1人。

そんな、『1』に対してなら、自分にもできることはあるはず。そんな気づきを、多くの人が持ち、自分にも少なくとも『1』のチカラが備わっていると認め、小さなチカラが数多く集まった時…

これまで、開かなかった重い石の扉が、音を立ててゆっくりと開いていく。
『ひとりのハートが世界を変えられる』

僕の夢の実現は、1人では不可能だと思います。
だからこそ、僕のこの小さな熱い念いを、皆さんと一緒に大きなうねりに変えてこの日本を、山形から変えていきたい。
僕は心から願っております。


#強くなければ生きていけない

#優しくなければ生きる価値がない

車椅子パラグライダーのお申込み

加藤健一 講演依頼先

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

僕の小さな熱い想いが詰まった、ドキュメンタリー番組が全国放送されることになりました。
皆さん是非ご覧ください☆

【放送タイトル】

「空飛ぶ車いす

~「バリアフリー」で観光を自由に〜

あなたは、車いすが空を飛ぶところを見たことがありますか?
【放送日時】

全国放送…NNNドキュメント(日テレ系列)

山形県内…YBC 山形放送
2017年1月8日(日) 25:25〜

(30分間のドキュメンタリー番組)になります。
【放送内容】

難病・筋ジストロフィーを患う山形県南陽市の加藤健一さん(36)が、車いすに乗ったままパラグライダーで大空へ飛び出した。きっかけは、「どうして街で車いすの人とすれ違わないのだろう」という疑問。障がいがあっても楽しめる”バリアフリー観光”を広めようと笑顔で空を飛ぶ加藤さん。その姿は同じ状況の人たちに勇気と希望を与え始めた。進行する病気への恐怖は…?
これまでの活動の歩み、そして想い…

【ナレーター/篠原ともえ、制作/山形放送】

【再放送】

2017年1月15日(日)11:00~ BS日テレ

2017年1月15日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」

NNNドキュメントLINK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。